桜の植樹祭

Orto-Groupのスペイン文化交流滞在プログラムは人と人の繋がり、文化と文化の繋がりをコンセプトに企画されています。スペイン人と日本人、西洋と東洋、そんな文化の架け橋としてスペイン文化交流滞在プログラムは在ります。プログラム開催時、毎回行われる桜の植樹祭は、セゴビア市から訪れた人達へのプレゼントです。
日本の象徴的樹木である桜をセゴビアの地に植えることは長い年月を懸け築いて行く友情のシンボルです。
桜には日本語とスペイン語で参加者の名前が刻まれたプレートが置かれます。文化圏の全く違うスペインで日本語の名前が刻まれます。植樹される場所は公的な庭園で、一般の人も訪れることの出来る場所です。
参加時に直接知り合いにならなかった人も、この桜を通し知り合いに成れるのです。植樹された若木は毎年成長を続けます。そして未来に花をつけセゴビアの人々を楽しませることでしょう。
参加者の中には桜の成長が気になり、もう一度セゴビアを訪れたくなるかも知れません。
セゴビアに植えられた日本の桜に思いを寄せる、そんな友好の記しとして、毎開催時、桜の植樹祭が行われています。きっと将来セゴビアに桜並木ができるはずです。

Related post

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

モンセラット博士の著作
「FRENTE AL PACÍFICO」は日本人の美徳を神戸震災から考察し、それをスペイン語圏の人々に紹介した本です。

JACKIE&PARTNERSはORTO-GROUPのパートナー企業です。

Return Top
%d bloggers like this: