神戸ブランチ

モンセラット・サンス博士

  • 神戸外語大学教授
  • プロジェクト・ディレクター
  • アカデミック・ディレクター
ORTOの文化交流プログラム、統括プロジェクト·ディレクターを務めるのはモンセラット·サンス博士です。 神戸外語大学で教授としてスペイン語を日本人に教える長年の経験があり、2001年から神戸外語大学において日本語話者によるスペイン語語学獲得過程に対する研究調査チームを率いて来ました。彼女はプロジェクトの統括ディレクターとして現地の観光当局や教育関連省庁と連携しこのプログラムを設計しています。 彼女は親日家とも知られ、日本文化や日本人の気質などをスペイン語圏に紹介する、書籍の著者でもあります。 東関東大震災時には、出身地であるセゴビア市と協力し、日本への応援を働きかけました。 下記ホームページでも博士の研究内容がご覧いただけます。http://languagescience-kobe.org/montserrat-sanz(英語) 日本での高校生スペイン語スピーチコンテストの審査員なども努め、日西の文化交流と教育の分野での架け橋として活躍しています。

本人から一言

「わたしは人々の旅行の形を変えたいと思っています。それは参加者の旅行体験を忙しくただ観て回るだけの観光ツーリストからより深く、より意味のあるものにです。わたしは参加者の生活体験がスペインに住む人々の生活と触れ合うことが同時に起こって欲しいと思っています。だからお互いの国より理解しあうための橋を掛けたのです。わたしの愛しい故郷セゴビアはそれに最適な街です。美しく、たくさんの文化と歴史、そして、スペインの魂をもつ場所です。わたしはこの街を日本の人々と分かち合いたいと思っています。ところでセゴビアは実は世界の人々とシェアされた街です。30年前ユネスコはセゴビアを人類の文化遺産として宣言しました。わたしは皆様を『人類の遺産の街』にご招待します。そしてどうぞセゴビアを楽しんでください。

Related post

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

モンセラット博士の著作
「FRENTE AL PACÍFICO」は日本人の美徳を神戸震災から考察し、それをスペイン語圏の人々に紹介した本です。

JACKIE&PARTNERSはORTO-GROUPのパートナー企業です。

Return Top
%d bloggers like this: