プログラム開催地セゴビアで行われるフェスティバル・イベントをご紹介

世界文化遺産都市セゴビアで歴史ある祭事や観光都市ならではのイベントが盛り沢山!セゴビアで行われる主なお祭り・フェスティバル・イベント・観光行事を月別にご紹介していきます。

1月のお祭り・イベント

東方三博士前夜祭
Cabalgata de Reyes1月5日の夜に行われるカトリックのお祭り。キリストの誕生を祝う東方三博士の物語がお祭りの由来です。カトリックではクリスマスと並び最も大きなイベントの一つです。豪華で大きな山車がアルカサル城から出発します。



聖アントン(サン・アントニオ・アバダ)の祭り
San Antonio Abad (San Antón)セゴビアに古く伝わる聖人「アントニオ・アバダ」を祝うお祭り。
動物たちに祝福を与える聖人として彼の日付1月17日にお祝いをします。(カトリックの習慣で各日付の聖人がいます。)また下記の屠殺記念日と並びお肉屋さんの守護として祀られる聖人でもあります。

屠殺記念日
Matanza popular del cerdo日本語で屠殺と聞くと良いイメージではありませんが、スペインではカーニバルと並び、豚の屠殺の季節を祝います。セゴビアではサン・ロレンソ地区の大広場で行われます。古くは伝統的な方法で犠牲動物の屠殺と解体が行われましたが、最近では解体だけをセゴビア市の有名シェフが披露します。その後はワインとチョリソ、生ハム、モルシージョと呼ばれる血液のソーセージなどが振る舞われ、犠牲動物への感謝と食への喜びを祝います。



2月のお祭り・イベント

聖アグダの祭り
Fiesta de Santa Águedaセゴビアの各地区でお祝いされるお祭りですが、サマラマラ地区のお祝いが特に特徴的です。祭りの起源は12世紀まで遡れ、古くから女性の日として祝われます。既婚女性と未亡人が街の主役になる日です。伝統衣装をまとい、ダンスやパレードが行われます。



カーニバル
Carnaval日本ではカーニバルはパレードとして有名ですが、カトリック国では謝肉祭として断食前夜に行われる大きな祝祭です。現在では断食の習慣はありませんが、セゴビアでもカーニバルは盛大に祝われるお祭りの一つです。カーニバル中の火曜日には伝統的に大きなパレードが行われます。他にもたくさんのイベントが企画されていて参加者を楽しませます。クリスマスにはイワシの頭を飾る習慣が日本でも見られますが、カトリック国ではこのカーニバルに似たような習慣があります。街頭劇場など文化的で伝統的なイベントが数多く行われるのがセゴビアのカーニバルです。

アントニオ・マチャドの記念日
Homenaje a Antonio Machadoセゴビアの詩人「アントニオ・マチャド」の没日を記念して行われるお祭り。フランス語の先生とししても働いていた詩人アントニオ・マチャド。彼の暮らした下宿にて行われる文化的な催事です。

セゴビア料理週間
Semana de la Cocina de Segoviaセゴビアの街全体がキッチンになります。街にあるバールのほとんどが参加するタパスコンテスト、新人シェフコンテストなど料理に関する様々な催事が行われます。観光都市セゴビアの来客をもてなす週間です。2月最終週に開催。

黄金の5日間
Los 5 días de El Doradoセゴビアを有名にする料理コチニージョ:子豚の丸焼きがこの5日間だけ半額になります。このコチニージョの品質管理、各つけ機関(PROCOSE:la Promoción del Cochinillo de Segovia)の銘柄表示のついたコチニージョ(各レストランのメニューで確認できます。)に適用されるイベントです。コチニージョを有名にしてくれたお客様への感謝として毎年行われます。タイトルの「黄金」はコチニージョの焼色に由来しています。

3月のお祭り・イベント

過越の祭り(復活祭・イースター)
Semana Santaスペインのみならずカトリック国で盛大に祝われる週間。ほぼ一週間に渡り祝われる宗教的なお祭りで特に水曜日・木曜日・金曜日が重要な行事が行われます。水曜日の夜には参加者全員がろうそくを持って街を歩きます。木曜日と金曜日はプロセッションと呼ばれ、キリスト像の山車が出されます。カトリックにとって大事な週間で、宗教的な行事が各国各地で多数行われます。休みを取る人も多く、休暇の週として日本でいうゴールデンウィークの趣です。

宗教的音楽の週
Semana de Música Sacraセマナ・サンタに合わせセゴビア各地で宗教的な音楽コンサートが開かれます。国際的、または国内で有名な歌手、合唱団、オーケストラがコンサートを開きます。主催はスペイン王室財団:Fundación Don Juan de Borbónです。

4月のお祭り・イベント

サンマルコスの祭り
Fiesta de San Marcosエレスマ川の辺りに位置するサンマルコス地区はセゴビアの人々にとってとても大事な場所として小さい面積ながら大事にされていました。聖人マルコスにちなんだ料理やお菓子が食べられす。

国内工芸品フェア
Feria Nacional de Artesanía スペイン国内の有名・個人の工芸品の市場が開かれます。スペイン各国から集まった職人の工芸品の売り買いが行われます。年々と参加者を伸ばしてい来ています。

国際遺跡と観光地デー
Día Internacional de los Monumentos y los Sitios1982年に組織され1983年ユネスコより承認を受けた国際デー。
遺跡の保護と保存とその文化的重要性の意識を高めるのが狙いです。セゴビアは歴史遺跡の多さと多様さで有名な街です。

5月のお祭り・イベント

国際博物館・美術館デー
El Día Internacional del los Museos毎年5月18日に行われる国際デーで、この日だけ街の博物館と美術館への入場が無料になります。

セゴビア国際人形劇フェスティバル『ティティリムンディ』
Festival Internacional de Títeres de Segovia TITIRIMUNDIティティリムンディとはセゴビアで1985年から行われている操り人形のお祭り。操り人形のみならず大道芸や街頭劇場、コンサートなどが行われ世界中から集まる観光客と地元の人々を楽しませます。大道芸的趣向だけでなく、市内の劇場や美術館、シアター、コンサートホールなどいたるところで世界中から集まった人形劇やパフォーマンスが行われます。毎年、規模とクォリティを増してきて、今では世界中から人が集まる重要なイベントとして育っています。大人から子供まで全ての人びとが楽しむ大きなお祭りです。

ミュージック・フェスティバル
Festival de Música Diversaこの音楽祭は若者をターゲットに開催されていて、ロック、ポップ、カントリー、ファンク、パンク、フォーク、そしてクラッシクなど多様な音楽が街中で演奏されます。主な参加アーティストはセゴビア出身者で通りや広間をコンサートホールに変えます。セゴビアの春を迎える重要なイベントの一つです。

6月のお祭り・イベント

聖体祝日
Corpus Christiカトリックの重要な祭りの一つです。キリストの聖体を崇める儀式として、宗教的にとても深いルーツを持ちます。盛大な聖体パレードが行われます。パレードは大聖堂を出発して街中を歩きます。セゴビアの教区の子供たちが聖体のお供としてパレードに参加します。街の通りはラベンダーとタイム草で満たされます。

アトリウムの夜
Las Noches del Atrioアトリウムは教会内部の表中庭のことです。サン・ロレンソ地区と地元住民会により開かれる音楽イベントです。春のおとずれを祝うお祭りの一つで多彩な音楽:フォーク、ポップ、ロック、ジャズ、サラスエラと呼ばれるスパニッシュ・オペラなどが上演されます。

聖ヨハネと聖ペドロの祭り
Ferias y Fiestas de San Juan y San Pedroカトリック国スペインで盛大に行われお祭りの一つ。聖ペドロはキリストの最初の弟子、初めての教皇としてカトリック圏では最も大事な聖者の一人です。またヨハネは最大の預言者として認められた聖者で聖ペドロと並び大事な聖者として数えられます。またこのお祭りの時期は北半球で最も昼が長い日「夏至」の時期と重なります。セゴビアはこのお祭りのために街全体がドレスアップされます。花火、闘牛、スポーツ、コンサート、街頭演劇と伝統的な行事に加え様々なイベントが街のいたるところで開催され祭りを祝います。またこのお祭りは伝統的に火と関係していて祭りの篝火がたかれます。
前夜祭として夜の12時から始まり次の日の明け方まで続きます。このカトリック最大のお祭りの一つをどうぞお見逃しなく。
スペインでは他にも世界的に有名なバレンシアの火祭もこの時期に行われ、一年で一番の観光シーズンとなります。

フォーク・セゴビア
Folk Segovia6月の最終週から7月のはじめにかけて行われるイベントです。スペイン各地と他の世界から集まった伝統的な民族音楽と舞踏で夏の訪れを祝います。

7月のお祭り・イベント

ドン・ファン・ブルボン音楽賞
Premio Don Juan de Borbón de la Músicaドン・ファン・ブルボン財団主催の音楽賞・コンテスト。
現国王であるフィリッペIV・元アストーリア皇太子により1996年スペインにおいて重要な世界遺産と文化を持つセゴビア州に設立されました。世界中から音楽家が集まる重要な音楽イベントで、セゴビアの街頭、教会、広場、城、宮殿で音楽会が開かれます。2006年には10周年を記念して賞が設けられした。音楽が文化歴史にもたらした尊敬と人々に与えた影響は人々の魂の美しさとエネルギーを称える賞として現在も続けられています。2016年はそ20周年記念となります。

セゴビア国際室内音楽週間・音楽祭
Semana de Música de Cámara y Festival Internacional de Segoviaこの室内音楽週間は室内音楽の幅広いジャンルの全てカバーするコンサートで幕を開け、その後フェスティバルの開催となります。魅力的な音楽とダンスのフェスティバルです。フェスティバルは主に若い才能の発見とチャンスを重視しています。ドン・ファン・ブルボン財団主催。

すずみにおいで祭
Festival Vete al Fresco観光都市セゴビアらしい企画祭。市の商工会や市が協力しあい、観光に訪れる人々にコンサートを提供します。街のカフェ、レストラン、テラスなどで毎週末夜10時から12時までコンサートが開かれます。7月、8月そして9月の各週末開始。

セゴビア本ののみ市
Feria del Libro de Segoviaセゴビア書店協会が主催する本の市場。水道橋前の大きな通りにスペイン各地から集った書店が市を出します。各書店にキャラクターがあり、希少本の出展もあります。地元の人々に人気のフェアです。

8月のお祭り・イベント

ユダヤ映画サイクルデー
Ciclo de Cine Judío8月の毎土曜日に開催。旧アブラハム・センネオール殿で題9芸術と呼ばれる映画の上映会が行われます。上映される映画はユダヤ文化に基づいたもので新作から旧作まで映画ファンを楽しませます。

サン・ロレンソの祭り
Fiestas del Barrio de San Lorenzo地域の人々が近隣住人たちと触れ合い楽しむ地元祭。サン・ロレンソは間違いなく地元祭を楽しむのに良く知られた場所です。古くから残るローマ様式の教会の前に位置する大広場で様々なイベントが行われます。地区の道路を全て封鎖して行われる牛追いなど地元の人々を楽しませます。

サン・ロケ祈祷祭り
Voto a San Roque8月16日は聖ロケの祭りを祝います。この数年、古くから伝わる伝統が蘇りました。1599年黒死病の蔓延で街が荒廃した時、大聖堂で病気を鎮めるために聖ロケに祈りを捧げました。病気は鎮まり、街は落ち着きを取り戻しました。その感謝の気持ち込め、毎年、聖ロケに感謝の祈りを捧げる祈祷会を設立したのがこのお祭りの起源です。この祈祷会は聖ロケの肖像を保存しているサン・ミジャン教会の前で行われます。

ロソヤ塔音楽の夜
Veladas Musicales en el Torreón de Lozoyaこのイベントはセゴビア銀行(:Caja Segovia)の主催で行われます。彼らは8月のセゴビアを音楽で埋め尽くそうと努力しました。セゴビア地元銀行として地域への感謝と還元を音楽で表現したのです。セゴビアの人々は今、ロソヤ塔の下で夜の涼しさを楽しみながら音楽を聞く悦に浸り、友人たちと楽しい一時を過ごします。セゴビアの目抜き通りに当たるフォアン・ブラボ通り、サン・マルティン広場にロソヤ塔があります。

9月のお祭り・イベント

ペドロ・デルガド・サイクリング大会
Marcha Cicloturista Pedro Delgado1994年から国際的競輪選手ペドロ・デルガドを祝うサイクリング大会を開催しています。
地元サイクリングクラブ「53×13」とサイクリング関連企業の協賛により実現。セゴビアのスポーツイベントとして際立っています。2回のツール・ド・フランス勝者:ペドロ・デルガドを称える競輪大会です。地元のサイクリストたちが数百人も集まり大会を盛り上げます。

コリジャーノス民族音楽演奏会
Música de Folclore en los Corralillosラザ・マジョール文化協会(:la Asociación Cultural Plaza Mayor)主催の民族音楽イベント。8月と9月に3つの街角で演奏される伝統民族音楽の演奏会です。3つの街角とは、コリジャーノス・デ・サン・セバスチャン、エル・デル・パティン、エル・デル・ラストリージョの3つです。

ラ・カトルセナ(第14区)の祭り
La Catorcenaカトリックのお祭り。9月の最初の日曜日をセゴビアでは伝統的に祝います。祭りの起源は15世紀の聖体拝領の奇跡にもとづきます。聖餅とはカトリックでキリストの聖体として崇め、ミサの時に食べられるものですが、この聖餅に奇跡をセゴビアでは祝います。また当時のカトリック教区が14区あったことからこの祭りの名前がつけられました。

西洋ユダヤ人文化の日
Jornada Europea de la Cultura Judíaこのイベントはユダヤ今日の文化、歴史遺産の国際的意識を高めるため、ヨーロッパ30カ国同時に行われるイベントです。セゴビアにはユダヤ人文化センターがあります。ガイド付きツアー、展示会、国際会議、コンサート、演劇上演などを通じユダヤ文化を広く深く知ってもらうため、市の観光局と連携しイベントが開催されます。セゴビアはにユダヤ人と深く関わりあって来た歴史的背景があります。市内に残る旧シナゴーグ、ユダヤ人墓地、サウナなどが見学できます。9月の第1日曜日に開催。

スペイン系ユダヤ人学科コース
Curso de Judaísmo Hispanoスペインに在住するユダヤ人とユダヤ教文化を一般の人々に知ってもらうためのコースです。フェスティバルとは趣をことにしていますが、歴史的にユダヤ人に寛容であったカトリック支配地域であるセゴビアで毎年行われるイベントです。協賛はヴァジャドリッド大学とIE大学です。

祭りがあるよ!祭
Hay Festivalこの「祭りがあるよ!」は言葉、文学、思想など人類を豊かにしてきたアイデアを祝うお祭りです。フェスティバルは4日間全てを作家、読書家、音楽家、芸術家、そしてそれらを愛する人々と共に祝います。すでにこのお祭りは文化貢献の世界的なマイルストーンとして成長を続けています。

守護聖母・フエンシスラの祭り
Fiesta de Nuestra Señora de la Fuencislaセゴビアの守護聖母フエンシスラの日を祝います。街の最北にある街で最も重要な教会であるフエンシスラ教会にフエンシスラは祀られています。この日を祝いフエンシスラの像が大聖堂カテドラルにやって来ます。盛大なパレードが行われ街全体でフエンシスラを祝います。9月の最後の日曜日から9日間前に始まり、最終日曜日にまたフエンシスラ教会に戻るパレードでこのお祭りの幕を閉じます。特筆すべきは、セゴビアの守護聖母フエンシスラはミリタリーの守護聖母でもあることです。この事はスペイン国旗をまとうことや、軍事的な記章を携帯するパレードにも現れています。セゴビアに伝統的にある砲兵アカデミーの士官候補生とその監督官がパレードに参加し、フエンシスラに名誉を誓います。守護聖母フエンシスラはセゴビア軍の勝利の女神でもあるのです。

世界遺産連帯の日
Día de la Solidaridad del Patrimonio Mundial1999年9月8日、ユネスコ(UNESCO)により認定を受けた世界遺産都市が集結して連携していくことがOWHC(La organización Ciudades Patrimonio Mundial(西語) = Oganization World Hertage City(英語))により宣言されました。これは遺産の文化的重要性と保護を訴えるための活動として世界的に広く認められています。セゴビアは1985年世界文化遺産認定をされています。

世界観光の日
Día Mundial del Turismo1980年より世界観光都市協会OMT(La Organización Mundial Turismo )は9月27日を世界観光デーとして祝ってきました。このイベントは、社会的、文化的、政治的、経済的価値の源泉としての観光の重要性を強調することを目指し、そしてこのイベントを提供する側、受け取る側共に楽しんでお祝いすることを目的としています。観光客と地域社会両方にメリットの有るイベントとして受け入れらています。この日は市内の全ての博物館と美術館の入場料が無料になります。

アンドレス・ラグーナ民族文化の日
Muestra Folclórica Andrés Laguna1994年より ACFAL(Asociación Cultural Folclórica Andrés Laguna)により様々な民族グループを集め結集されました。セゴビアの人々に歴史的な民族文化の紹介に努めます。

10月のお祭り・イベント

アラブ文化週間
Semana de la Cultura Árabeバジャドリッド大学とIE大学の主催で行われるアラブ文化週間はセゴビアに歴史的に長く滞在共生してきたアラブ文化・ムスリム文化を紹介するイベントです。映画上映会、コンサートなど様々なアラブ文化を知ることのできるイベントが企画されています。

セゴビア守護聖人、サン・フルートの祭り
Fiesta de San Frutos, Patrón de Segoviaこのお祭りは例年10月25日に祝われています。セゴビアの特別な聖人で大聖堂に祀られています。大聖堂入り口の門上部の彫像がサン・フルートです。この日はスペインの中でセゴビアだけ休日扱いになります。セゴビアの住人の殆どが集まり祝うセゴビアにとって大事なお祭りです。お祭りの前日から現地シェフ協会が用意した伝統的なにんにくのスープが振る舞われるのが習わしです。また小鳥の友人と呼ばれたサン・フルートにちなみ小鳥をデコレーションした小さなケーキが贈られます。大広場では合唱などコンサートなどが行われ、大聖堂では特別なミサが行われます。

現代音楽の日
Jornadas de Música Contemporáneaこれは、最も前衛的で最新の音楽を披露する場で、元の刑務所であった施設を改装した文化センターで開催されます。その年、最新の音楽とクリエーションの初上演の場です。

11月のお祭り・イベント

セゴジャッズーセゴビア・ジャズ・フェスティバル
Segojazzこれはまだ非常に若い始まったばかりのお祭りですが、セゴビアの多くの人に支持され、人々の生活の一部として楽しまれているイベントです。このイベントの3日間、国内と国外から有名著名ジャズ・ミュージシャンが集まりジャズ・ファンを喜ばせ、またジャズを一般の人に広めるお祭りです・

聖セシリア、子供ピアノ賞
Premio Infantil de Piano Santa Cecilia11月22日を過ぎた最初の週末に行われる子供のためのピアノ・コンクール。ドン・ファン・ブルボン財団主催で行われこの賞は若い才能の開発と奨励を目的にしています。初開催は1997年。

セゴビア・ユーロ・映画都市祭
Muestra de Cine Europeo Ciudad de SegoviaMUCES(Muestra de Cine Europeo Ciudad de Segovia )はセゴビアの映画祭。セゴビアにとって見逃すことのできない映画の祭典です。ユーロ製作映画に焦点を当てた映画祭でたくさんの映画上映会、ワークショップ、コンサート、展示会などが開催されます。

アガピート・マラスエラ国際民俗賞
Premio Internacional de Folklore Agapito Marazuelaこの権威ある賞はロンダ・セゴビアーナ協会、ドン・ファン・ブルボン財団により提供されています。 民俗学研究者、民族学誌研究者などプロフェッショナルの研究者のみならずその他一般の研究者、愛好家、ファンを対象に幅広い伝統文化研究内容に対し送られる賞です。

12月のお祭り・イベント

陶芸フェア
Feria de Cerámicaローマ水道橋前の大通り、フェルナンデス・ラドレダ通り(la avenida de Fernández Ladreda)セラミックと陶芸の市場に変わります。スペイン全土から集まった様々陶芸家、クラフト・ワーク、アクセサリー、工芸品がブースを出し街を賑わせます。地元セゴビアの人々だけでなく近隣都市からも人がやってきます。セゴビアの人、観光客共に楽しめるお祭りです。

十字架の聖フォアンの祭り
Festividad de San Juan de la Cruzこのお祭りの開始は、12月14日聖アブレンスの没日と一致します。セゴビア市と観光局はこの日をカルメリータ修道会と創設者を讃え幾つかの記念行事を行います。

セゴビアのクリスマス
La Navidad en Segoviaセゴビアのクリスマスは他の大都市と違い、派手に賑やかに祝われるわけではありませんが、愛情とぬくもりのこもった祝日です。キリストの降臨はカトリックにとって大きなイベントですが宗教的な意味合いが強く、派手なパーティーとは一線を画します。人々は教会に集まり、今年の出来事と来年の安息を願い近隣住民と手を取り合い祈ります。セゴビアでは伝統的に七面鳥レースと呼ばれる自転車の曲乗りコンテストが行われます。この自転車レースがなぜ七面鳥レースと呼ばれるかと言うと、それは伝統的に勝者に商品として当時高級食材であった七面鳥が贈られたからです。豊かな現代では商品は七面鳥ではありません。

キリスト降臨とクリスマス
Ciclos de Adviento y Navidadセゴビア街全体でキリストの降臨とクリスマスを祝います。各教会、展示場、博物館などではキリスト誕生の物語を表現したナシミエント(動詞:Nacerー生まれるの名詞形)と呼ばれるミニュチアを展示します。各施設独自のキャラクターを取り入れたミニュチアで来場者を楽しませます。また、幾つかのコンサート・ホールではクリスマスにちなんだ合唱やコンサートなどが行われます。

地域音楽サークル
Ciclo de Música en los Barriosドン・ファン・ブルボン財団主催、セゴビア市、セゴビア地域銀行協賛で行われる地域の音楽イベントです。大聖堂、サン・ロレンソ地区、サン・セバスチャン地区など市内の様々な地域でコンサートが開かれます。

セゴビアとその近県にはまだまだお祭りとイベントが盛りだくさん。県観光局のホームページも合わせてご参照ください。一部日本語での紹介ページが御座います。

詳しくは、こちら!
お気軽にご相談ください。

Related post

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

ピックアップ記事

  1. Orto Group Renewal オルトグ・スペインのホームページリニューアルします。 …
  2. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

モンセラット博士の著作
「FRENTE AL PACÍFICO」は日本人の美徳を神戸震災から考察し、それをスペイン語圏の人々に紹介した本です。

JACKIE&PARTNERSはORTO-GROUPのパートナー企業です。

Return Top
%d bloggers like this: