きぼうの手 オープニング・セレモニーレポート

2016-3-10

3月1日から絶賛開催中の日本紹介及び東日本大震災・津波災害追悼イベントである「MANO DE ESPERANZA」きぼうの手では、1日のプレーオープニングに引き続き、2日、オープニング・セレモニーを行いました。日本国代表として在西スペイン大使越川和彦氏が出席し開会の挨拶を行いました。会場にはセゴビアの小学生が集まり、自分の手で作った折り鶴を大使にプレゼントしました。

開会式後、大使はセゴビア市の詩と庭園(Jardin de los poetas)で記念の桜の植樹祭を行いました。セゴビア市民と日本の関係を象徴する記念式に市の人々と日本の人々との共同作業で植樹を行いました。

写真は越川大使とモンセラット・サンス博士。

IMG_1395

植樹祭の様子

IMG_1415

ピックアップ記事

  1. 日本スペイン外交関係樹立150周年記念 スペインについての特別 セミナーやワーク…
  2. Orto Spain Renewal 弊社のホームページをリニューアル中です。 今後とも様々…
  3. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

ピックアップ記事

  1. 日本スペイン外交関係樹立150周年記念 スペインについての特別 セミナーやワーク…
  2. Orto Spain Renewal 弊社のホームページをリニューアル中です。 今後とも様々…
  3. 行く前は心配でしたが、行ってみて本当に素敵な旅ができて、本当に良かった。 60代女性 …

モンセラット博士の著作
「FRENTE AL PACÍFICO」は日本人の美徳を神戸震災から考察し、それをスペイン語圏の人々に紹介した本です。

JACKIE&PARTNERSはORTO-GROUPのパートナー企業です。

Return Top