9月のお祭り・イベント

ペドロ・デルガド・サイクリング大会

Marcha Cicloturista Pedro Delgado1994年から国際的競輪選手ペドロ・デルガドを祝うサイクリング大会を開催しています。
地元サイクリングクラブ「53×13」とサイクリング関連企業の協賛により実現。セゴビアのスポーツイベントとして際立っています。2回のツール・ド・フランス勝者:ペドロ・デルガドを称える競輪大会です。地元のサイクリストたちが数百人も集まり大会を盛り上げます。

 

コリジャーノス民族音楽演奏会

Música de Folclore en los Corralillosラザ・マジョール文化協会(:la Asociación Cultural Plaza Mayor)主催の民族音楽イベント。8月と9月に3つの街角で演奏される伝統民族音楽の演奏会です。3つの街角とは、コリジャーノス・デ・サン・セバスチャン、エル・デル・パティン、エル・デル・ラストリージョの3つです。

 

ラ・カトルセナ(第14区)の祭り

La Catorcenaカトリックのお祭り。9月の最初の日曜日をセゴビアでは伝統的に祝います。祭りの起源は15世紀の聖体拝領の奇跡にもとづきます。聖餅とはカトリックでキリストの聖体として崇め、ミサの時に食べられるものですが、この聖餅に奇跡をセゴビアでは祝います。また当時のカトリック教区が14区あったことからこの祭りの名前がつけられました。

 

西洋ユダヤ人文化の日

Jornada Europea de la Cultura Judíaこのイベントはユダヤ今日の文化、歴史遺産の国際的意識を高めるため、ヨーロッパ30カ国同時に行われるイベントです。セゴビアにはユダヤ人文化センターがあります。ガイド付きツアー、展示会、国際会議、コンサート、演劇上演などを通じユダヤ文化を広く深く知ってもらうため、市の観光局と連携しイベントが開催されます。セゴビアはにユダヤ人と深く関わりあって来た歴史的背景があります。市内に残る旧シナゴーグ、ユダヤ人墓地、サウナなどが見学できます。9月の第1日曜日に開催。

 

スペイン系ユダヤ人学科コース

Curso de Judaísmo Hispanoスペインに在住するユダヤ人とユダヤ教文化を一般の人々に知ってもらうためのコースです。フェスティバルとは趣をことにしていますが、歴史的にユダヤ人に寛容であったカトリック支配地域であるセゴビアで毎年行われるイベントです。協賛はヴァジャドリッド大学とIE大学です。

 

祭りがあるよ!祭

Hay Festivalこの「祭りがあるよ!」は言葉、文学、思想など人類を豊かにしてきたアイデアを祝うお祭りです。フェスティバルは4日間全てを作家、読書家、音楽家、芸術家、そしてそれらを愛する人々と共に祝います。すでにこのお祭りは文化貢献の世界的なマイルストーンとして成長を続けています。

 

守護聖母・フエンシスラの祭り

Fiesta de Nuestra Señora de la Fuencislaセゴビアの守護聖母フエンシスラの日を祝います。街の最北にある街で最も重要な教会であるフエンシスラ教会にフエンシスラは祀られています。この日を祝いフエンシスラの像が大聖堂カテドラルにやって来ます。盛大なパレードが行われ街全体でフエンシスラを祝います。9月の最後の日曜日から9日間前に始まり、最終日曜日にまたフエンシスラ教会に戻るパレードでこのお祭りの幕を閉じます。特筆すべきは、セゴビアの守護聖母フエンシスラはミリタリーの守護聖母でもあることです。この事はスペイン国旗をまとうことや、軍事的な記章を携帯するパレードにも現れています。セゴビアに伝統的にある砲兵アカデミーの士官候補生とその監督官がパレードに参加し、フエンシスラに名誉を誓います。守護聖母フエンシスラはセゴビア軍の勝利の女神でもあるのです。

 

世界遺産連帯の日

Día de la Solidaridad del Patrimonio Mundial1999年9月8日、ユネスコ(UNESCO)により認定を受けた世界遺産都市が集結して連携していくことがOWHC(La organización Ciudades Patrimonio Mundial(西語) = Oganization World Hertage City(英語))により宣言されました。これは遺産の文化的重要性と保護を訴えるための活動として世界的に広く認められています。セゴビアは1985年世界文化遺産認定をされています。

 

世界観光の日

Día Mundial del Turismo1980年より世界観光都市協会OMT(La Organización Mundial Turismo )は9月27日を世界観光デーとして祝ってきました。このイベントは、社会的、文化的、政治的、経済的価値の源泉としての観光の重要性を強調することを目指し、そしてこのイベントを提供する側、受け取る側共に楽しんでお祝いすることを目的としています。観光客と地域社会両方にメリットの有るイベントとして受け入れらています。この日は市内の全ての博物館と美術館の入場料が無料になります。

 

アンドレス・ラグーナ民族文化の日

Muestra Folclórica Andrés Laguna1994年より ACFAL(Asociación Cultural Folclórica Andrés Laguna)により様々な民族グループを集め結集されました。セゴビアの人々に歴史的な民族文化の紹介に努めます。

Post Author: OG team